(株)GSユアサなど4社、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の2次利用事業モデル構築に向け実証試験を開始へ

発表日:2010.06.28

(株)GSユアサ、三菱商事(株)、三菱自動車工業(株)、(株)リチウムエナジー ジャパン(LEJ社)の4社は、三菱自動車の新世代電気自動車に搭載されているリチウムイオン電池の2次利用事業モデル作りを目指し、2010年秋より京都市内で実証試験を開始すると発表した。これまで4社は、リチウムイオン電池が電気自動車(EV)用として使用された後の2次利用について検討を進め、スマートグリッドにおける太陽光などの自然エネルギー貯蔵をはじめ、幅広い用途の可能性を見出してきた。また、用途開拓の一環として、GSユアサでは、太陽光発電(PV)による電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、その電力でEVを急速充電する「PV-EVシステム」を開発。同システムは、発電からEV走行に至るまでのCO2排出量ゼロを実現できるという特長がある。4社は今回の実証試験で、同システムの電池コスト低減と、資源の有効利用を通じた環境負荷の低減を同時に目指し、事業化に向けた検討を進めていくという。

情報源 (株)GSユアサ ニュースリリース(PDF)
三菱商事(株) ニュースリリース
三菱自動車工業(株) プレスリリース
(株)リチウムエナジージャパン ニュースリリース(PDF)
機関 (株)GSユアサ 三菱商事(株) 三菱自動車工業(株) (株)リチウムエナジージャパン
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | リチウムイオン電池 | 電気自動車 | 三菱自動車工業 | リユース | EV | 三菱商事 | スマートグリッド | リチウムエナジー | GSユアサ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS