大阪府、水産庁補助事業として間伐材増殖礁設置試験を実施へ

発表日:2010.10.21

大阪府は、同府と岬町及び地元漁協をメンバーとする「岬町木材魚礁開発推進協議会」による、増殖礁(魚を集めたり、稚魚の餌場や棲みかとなる人工の構造物)の設置試験が、平成22年度水産庁「木材利用を促進する増殖技術支援事業」として選定されたと発表した(実施期間:平成22年度から平成26年度(5カ年事業))。同事業は、森林の管理が放置され、地球温暖化の一因ともなっている現状を踏まえ、水産庁が、森づくりと連携したより効率的、効果的な漁場整備を進めようとするもの。同協議会では今後、地域の森林組合等から購入する間伐材(スギ、ヒノキ、竹など)とヒューム管等を組み合わせた増殖礁を岬町地先に設置し、魚介類の増殖を図ることとしており、同増殖礁の開発、製作、設置、モニタリング調査等について国が支援を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS