昭和電工(株)、リチウムイオン二次電池部材の製造能力を増強

発表日:2011.07.19

昭和電工(株)は、リチウムイオン二次電池(LIB)部材の製造能力を増強すると発表した。現在、温室効果ガスの排出削減や化石エネルギーに対する依存低減に向け、電気自動車やハイブリッド車などの環境対応車の需要が伸びつつある。また、2011年3月11日に発生した東日本大震災にともなう計画停電をきっかけとして、産業用や家庭用の蓄電池についても注目が集まっている。これらにより、2013年以降は自動車や蓄電用途向けの大型LIB市場が本格的に立ち上がり、需要が急速に伸びることが予想されることから、同社は今回、大型LIBの高容量化、長寿命化に寄与する部材である人造黒鉛負極材および正負極添加剤の能力増強を決定した。人造黒鉛負極材の生産拠点は、年産能力1000トンから2012年上期に同3000トンへ、正負極添加剤の生産拠点は、年産能力100トンから2012年初頭に同200トンへ増強する予定。また、携帯端末用LIBの需要拡大にも対応し、LIBの小型化を可能にする電池包材用アルミラミネートフィルムの年産能力を1.5倍に増やすという。

情報源 昭和電工(株) ニュースリリース
機関 昭和電工(株)
分野 地球環境
キーワード ハイブリッド車 | リチウムイオン電池 | 電気自動車 | 昭和電工 | 蓄電池 | 負極材 | 二次電池 | 増強 | 製造能力 | 正負極添加剤
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS