昭和電工(株)、リチウムイオン二次電池向け正負極添加剤の設備増強を完了

発表日:2011.12.02

昭和電工(株)は、リチウムイオン二次電池(LIB)向け正負極添加剤の設備増強を完了したと発表した。正負極添加剤は、LIBの正極材・負極材に少量添加することにより、大型LIBに求められる高容量化や長寿命化に加えて安全性の向上に寄与する導電補助剤で、2013年以降、電気自動車や蓄電用途向けに同添加剤の需要は急速に拡大することが予想されている。今回、同社では、同添加剤の製造ラインの増強工事を完了させ、生産能力を100トン/年から200トン/年へ増強した。同社では、LIB向け負極材、同電池包材用アルミラミネートフィルムなどについても、順次生産能力の増強を図っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS