NEDO、平成24年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」の委託・助成先を決定

発表日:2012.07.10

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、平成24年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」の委託・助成先を決定したと発表した。同事業は、再生可能エネルギー分野の重要性に着目し、中小企業等(ベンチャーを含む)が保有している潜在的技術シーズを基にした技術開発を実施するとともに、事業化を見据えた支援を行うもの。今回採択されたのは、1)太陽光発電:静電噴霧型有機薄膜太陽電池製造用高性能有機半導体インクの開発など4件、2)バイオマス:再生可能エネルギーを活用する小型低温度差発電の応用など9件、3)燃料電池・蓄電池:金属間化合物製高性能水素製造用触媒構造体を用いた触媒反応管モジュールの技術開発など12件、4)風力発電その他未利用エネルギー:バイオ技術活用の防汚鏡と低バックラッシ機構によりLCCを最小化する集光装置の開発など10件、の合計35件が採択された。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報(公募開始)
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 太陽光発電 | 燃料電池 | 新エネルギー | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | バイオマス | 蓄電池 | 技術 | 温度差発電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS