神奈川県と横浜市及び日産自動車(株)、「EVタクシーシェアのりば」の本格運用を開始

発表日:2012.07.20

神奈川県と横浜市及び日産自動車(株)は、環境にやさしいEV(電気自動車)タクシーの普及を目的に「EVタクシーシェアのりば」の本格運用を平成24年7月23日より開始すると発表した。3者は、「かながわEVタクシープロジェクト」と「ヨコハマ モビリティ プロジェクトゼロ(YMPZ)」のジョイント活動として、環境にやさしいEVタクシーの普及を目的に、済生会横浜市東部病院において4月18日から7月20日まで、全国初の「EVタクシーシェアのりば」の実証実験を実施してきた。今回、運行データ及び利用者からのアンケートから有効性が確認されたことから、本格運用を開始する。利用時間、運用方法は実証時と同様に、EV専用の待機所を2台分設け、既存のタクシーとEVタクシーを交互に配車する(土・日・祝日を除く月曜~金曜 8:00~18:00)。

新着情報メール配信サービス
RSS