横浜市、EVパートナーを募集

発表日:2012.11.22

横浜市は、低炭素都市を目指した次世代交通の推進、及び環境未来都市の取組推進に向けて、EV(電気自動車)パートナーを募集すると発表した。「環境未来都市」の取組を推進する横浜市では、日産自動車(株)と協働で「ヨコハマモビリティ“プロジェクトZERO”(YMPZ)」を進めており、EVの普及促進を図っている。今回の取組は、商業施設や駐車場などが「EVパートナー」になって、EV利用者に対する優遇策を行うことにより、EVが利用しやすい環境をつくっていくもの。応募対象者は、「募集の趣旨」に賛同し、横浜市内の商業施設等において、EV利用者に対する優遇策を実施する事業者等(商店・商業施設の経営者、駐車場の経営者、その他の民間事業者)。優遇策は、既存のサービス、取組でもよく、出来る限り長期間の実施が求められている。同市では、決定した「EVパートナー」について、ホームページに掲載し、情報発信するという。

新着情報メール配信サービス
RSS