(株)モーションなど、環境省実証実験「EVタクシー運行最適化システム(EVOTシステム)」を拡大

発表日:2012.10.15

(株)モーション、兼松(株)、(株)システムオリジン、日産自動車(株)、(株)リサイクルワンの5社は、環境省実証実験「EVタクシー運行最適化システム(EVOTシステム)」を、平成24年10月9日より対象エリアと参加事業者を拡大して展開していると発表した。この事業は、スマートフォンによるEVタクシー呼び出し・配車等を通じてEVタクシーの需要に応じた配置や、充電を管理するシステムを開発・活用することで、EVタクシーのビジネスモデルの構築と普及促進による温室効果ガス排出量削減に貢献することを目的としている。今回、平成23年度から参加している大阪府・京都府の事業者に、和歌山県・神奈川県・東京都の事業者を加えた合計39社(EV63台、PHV33台、その他LPG車両等 約2400台)の参加を得た。また、次世代タクシー呼び出しアプリ「EVOT CALL」の新バージョンの稼働を開始するとともに、WEB版もリリースされ、スマートフォンやPCのブラウザから呼び出しが可能になったという。

情報源 (株)モーション プレスリリース
兼松(株) ニュースリリース
日産自動車(株) ニュースリリース
機関 (株)モーション 兼松(株) 日産自動車(株) (株)リサイクルワン(現:(株)レノバ) (株)システムオリジン
分野 地球環境
キーワード 電気自動車 | 日産自動車 | 実証実験 | リサイクルワン | 兼松 | モーション | EVタクシー | システムオリジン | EVOTシステム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS