国土交通省、国際海運からの温室効果ガス排出削減に向けた国際海事機関(IMO)での会合開催、及び経済的手法の検討開始について発表

発表日:2008.06.19

国土交通省は、国際海運からの温室効果ガス排出削減に向けた国際海事機関(IMO)での会合開催、及び経済的手法の検討開始について発表した。IMOでは、新造船のCO2排出設計指標の策定、GHG削減メカニズムの開発等の検討を促進するため、2008年6月23日からノルウェーのオスロでIMO海洋環境保護委員会(MEPC)GHG中間会合を開催する。会合での主な議題は、(1)新造船用の強制CO2排出設計指標の作成、(2)現行のCO2排出運航指標の算定ガイドラインの見直し、(3)GHG削減メカニズム、(4)削減可能レベル、制度設計上及び実行上の問点、費用対効果、キャパシティビルディング等についての検討の開発、となっている。また同省では、国際船舶に対する燃料油課金、排出量取引等経済的手法を活用したGHG排出削減について、(財)日本海事センターに「環境規制問題検討会」を設置し、検討を開始する。

新着情報メール配信サービス
RSS