アメリカ環境保護庁、既存発電所の温室効果ガス排出削減へ、初の指針案を公表

発表日:2014.06.02

アメリカ環境保護庁(EPA)は、既存発電所のCO2排出を削減するための指針となる「クリーン発電計画(CPP)」案を初めて作成し、公表した。発電所はアメリカ最大のCO2排出源で、全国の温室効果ガス排出のおよそ3分の1を占める。しかしアメリカには現在、発電所のヒ素、水銀、亜硫酸ガス、窒素酸化物、粒子状物質の排出基準はあるが、炭素排出に制限はなかった。このCPPによって、電力部門の炭素排出を2030年までに2005年比30%削減するという気候行動計画目標の達成を目指す。EPAは、既存発電所の炭素排出を削減し、効率を高めるCPPは、競争力の強化や雇用創出にもつながるとしている。CPPは連邦と各州が連携して進める予定で、州がそれぞれのCO2排出削減目標を定め、それぞれの方法で目標を達成するための計画を策定する。今回の提案は、各州の目標設定と計画の指針となるもので、120日間の意見募集と4回の公聴会を経て、2015年6月に最終決定が予定されている。

新着情報メール配信サービス
RSS