アメリカエネルギー省と環境保護庁、2011年版燃料経済性ガイドを発表

発表日:2010.11.03

アメリカエネルギー省(DOE)及び環境保護庁(EPA)は、消費者に自動車の燃費等の情報を提供する、2011年版燃料経済性ガイドを公表した。燃費のよい車を選択してもらうことにより、消費者の燃料費節約と炭素排出の削減、さらに輸入石油への依存軽減にも役立つと期待される。ガイドでは、経済性の最も高いハイブリッド車のほか、クリーン・ディーゼル車やガソリン車、また、今年からは、SUV(スポーツ用多目的)車、ワゴン車まで含む、あらゆる種類・クラス・サイズにおいて、燃費の優れた2011年モデルの車種を紹介し、燃料消費率に基づいて、年間走行距離とその燃料コストを算出している。オンライン版のガイドでは、ガソリン価格と運転傾向を入力することにより、個人のコストも予測できるほか、電気自動車、プラグインハイブリッド車等も含め、今後発売される2011年式モデルの情報も追加される。このガイドは、自動車販売店のショールームや、携帯端末からも入手できる。

情報源 アメリカエネルギー省(DOE) プレスリリース
アメリカ環境保護庁(EPA) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカエネルギー省(DOE) アメリカ環境保護庁(EPA)
分野 地球環境
環境総合
キーワード ハイブリッド車 | 燃費 | 電気自動車 | アメリカエネルギー省 | DOE | 自動車 | プラグインハイブリッド車 | アメリカ環境保護庁 | EPA | 経済性
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS