気象庁とJAXA、数値予報システムに第一期水循環変動観測衛星「しずく」の利用を開始

発表日:2013.09.12

気象庁と(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、数値予報システムに第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)の利用を、平成25年9月12日から開始すると発表した。「しずく」に搭載している高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)が観測したデータには、大気中の水蒸気や海面水温の情報が含まれていることから、両者は共同でそのデータの有効利用のための調査や技術開発に努めてきた。今回、気象庁が発表する天気予報の基礎資料を作成する数値予報システムにおいて、降水予測精度の向上が期待できることが確認できたことから、その利用を開始することとなった。また、気象庁では地球全体の海面の温度を1日1回解析しており、その解析システムにおいてもAMSR2データの利用により品質の向上が見込まれたことから、平成25年5月27日より利用を開始している。両者では、今後も貴重な衛星観測のデータをより有効に活用するための開発に努めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS