JAXA、水循環観測衛星「しずく」等の打上げに成功

発表日:2012.05.18

(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業(株)は、H-IIAロケット21号機による、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)および韓国多目的実用衛星3号機(KOMPSAT-3)等の打上げに成功したと発表した。「しずく」は、地球環境変動観測ミッション(GCOM)の一環として、高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)による水循環の観測を地球全体で長期間(10~15年)実施することにより、地球規模の水循環や気候変動を監視し、そのメカニズムを解明することが期待されている。「KOMPSAT-3」は、高解像度の光学機器を搭載し、地球の地理情報解析に必要な高解像度画像の提供や各種の環境観測を行う。今回、平成24年5月18日1時39分(日本標準時)に、種子島宇宙センターからH-IIAロケット21号機を打上げ、打上げ後約16分3秒にKOMPSAT-3を、約22分59秒に「しずく」を分離することに成功。その後、「しずく」が所定の初期軌道に投入されていることを確認した。今後「しずく」はAMSR2アンテナの展開等を行う予定という。

情報源 (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) プレスリリース(H-IIAロケット21号機打上げ結果)
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) プレスリリース(太陽電池パドル展開画像及び軌道計算結果について)
(独)宇宙航空研究開発機構 プレスリリース(H-IIAロケット21号機打上げ計画概要)
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) しずく特設サイト
三菱重工業(株) H2A打上げサービス特設サイト
機関 (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) 三菱重工業(株)
分野 地球環境
キーワード 人工衛星 | 気候変動 | 宇宙航空研究開発機構 | JAXA | 水循環 | 降水量 | 海面水温 | しずく | マイクロ波放射計 | H-IIAロケット
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS