(独)宇宙航空研究開発機構、水循環観測衛星「しずく」を公開

発表日:2012.01.10

(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、筑波宇宙センターで2012年1月10日、 第一期水循環変動観測衛星「しずく」を報道機関に向けて公開した。「しずく」(GCOM-W1)は、地球の水循環を観測する、いわば宇宙から地球を健康診断する役割を持った人工衛星であり、「地球環境変動観測ミッション」の一環として、水蒸気、海面水温、土壌水分、雪氷といった水循環に関するデータを地球全体で長期間(10~15年)観測することによって、水循環を監視し、そのメカニズムを解明することが期待されている。同衛星は、地面や大気から出る電波を受信して、その強さを高い精度で測定する「高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)」を搭載。JAXAでは今後、2012年度の打ち上げに向け、最終準備作業に入る予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS