NEDO、「太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)」を策定

発表日:2014.09.30

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構は、太陽光発電の新たな技術開発指針「太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)」を策定したと発表した。NEDOでは、これまで、太陽光発電の早期普及を目指す技術開発戦略として「太陽光発電ロードマップ(PV2030、PV2030+)」を2009年に策定し、これにもとづいた技術開発を行ってきた。今回の戦略は、新興国メーカーのシェア拡大や固定価格買取制度(FIT)の導入など、太陽光発電を取り巻く状況の変化を踏まえ、来たるべき太陽光発電の大量導入社会を円滑に実現するための戦略として策定したもの。1)発電コストの低減、2)信頼性向上、3)立地制約の解消、4)リサイクルシステムの確立、5)産業の高付加価値化、の5つの方策を提示。太陽光発電の導入形態の多様化や新たな利用方法の開発による裾野の拡大などを提言している。また、発電コスト目標は、2020年に14円/kWh、2030年に7円/kWhとなっている。

新着情報メール配信サービス
RSS