環境省、モンゴル自然環境グリーン開発観光省との環境協力覚書を更新

発表日:2015.05.12

環境省は、平成27年5月4日に、モンゴル・ウランバートルにおいて、「日本国環境省とモンゴル国自然環境グリーン開発観光省の間の環境協力に関する協力覚書」を締結したと公表した。今回の署名は、平成23年に開始した覚書が3年間の期間を終了したことに伴い、今後3年間の協力のベースとなる協力覚書の更新を行ったもので、北村環境副大臣とモンゴル国のオヨーンホロル自然環境グリーン開発観光大臣により署名された。日本とモンゴル両国の環境分野における相互協力を強化するため、1)気候変動の緩和と適応(JCM等)、2)保護地域管理及びエコツーリズム、3)自然保護(動植物保護、砂漠化対策)、4)水質汚染管理、5)大気汚染管理、をはじめとする分野で対話及び情報交換等を実施するという。

新着情報メール配信サービス
RSS