NEDO、カナダで初のスマートコミュニティ実証事業を開始へ

発表日:2015.07.21

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、カナダのオシャワ市、オシャワ電力(OPUC)と共同でスマートコミュニティ実証事業を実施することで合意し、基本協定書(MOU)を締結したと発表した。オシャワ市では、凍害等により年間を通じて200回を超える停電が発生しており、安定的な電力供給が大きな課題となっている。また、オンタリオ州は、2009年に北米で初めてFIT(固定価格買取制度)を導入しており、さらに今後20TWh分の原子力エネルギーを再生可能エネルギーに置き換える計画があるなど、再生可能エネルギー導入に向けた取り組みに力を入れている。今回の事業では、2015年度から2年間、同市内の30戸の家庭に太陽光パネルと蓄電池を備えたハイブリッドインバータシステムを個々の需要家に設置し、停電時における非常用電源としての有用性検証および系統安定化の検証を実施する。さらに、世界の地域への展開を狙ったビジネスモデルについても検証するという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 蓄電池 | カナダ | 太陽光パネル | 系統安定化 | スマートコミュニティ | 停電 | オシャワ市 | オシャワ電力
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS