NEDOなど、省エネで生産性の高い革新的炭素繊維製造プロセスを開発

発表日:2016.01.14

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、東京大学、産業技術総合研究所、東レ(株)、帝人(株)、東邦テナックス(株)、三菱レイヨン(株)とともに、省エネで生産性の高い革新的炭素繊維製造プロセスを開発したと発表した。炭素繊維は、熱的・化学的に極めて安定で軽量かつ力学的特性に優れる素材で、自動車等への本格的導入のためには、生産性を飛躍的に高め、製造時における消費エネルギーならびにCO2排出量を大幅に低減する必要がある。今回、1)耐炎化不要の新規前駆体、2)マイクロ波による炭素化技術、3)プラズマによる表面処理技術、を開発し、低コストで高性能の炭素繊維を高効率で生産できる省エネ製造プロセスの基盤技術を確立した。同プロセスでは、従来の製造プロセスに比べて、製造エネルギーとCO2排出量を半減させ、生産性を10倍に向上できる。今後、この量産プロセスの工業化を目指すとともに、複合材料用繊維として革新的な性能を発現する高性能かつ多機能な炭素繊維の創出を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS