環境省、第15回ASEAN+3環境大臣会合の結果を公表

発表日:2017.09.14

環境省は、平成29年9月13日にブルネイ・バンダルスリブガワンで開催された「第15回ASEAN+3環境大臣会合」の結果を公表した。同会合には、ASEAN10カ国並びに日本、中国及び韓国の環境大臣等が出席し、日中韓3か国からASEANに対する協力についての報告などが行われた。日本は、ASEAN地域でのSDGs達成に向け、これまでの協力を抜本的に強化推進し、質の高い環境インフラの普及と様々な分野(廃棄物・リサイクル、生物多様性、海洋汚染、化学物質など)での環境協力プロジェクトを包括的かつ重層的に促進する「日ASEAN環境協力イニシアティブ」を提案した。また、カンボジア、ベトナム、シンガポール、ブルネイ及びタイとのバイ会談において「環境インフラ海外展開基本戦略」に基づく二国間協力の推進を呼びかけた。なお、次回会合は、2019年にカンボジアで開催される予定。

新着情報メール配信サービス
RSS