日産自動車(株)など4社、「放電対応EVを用いたエネルギーマネジメントシステム」がNEDOの「蓄電複合システム化技術開発」に採択

発表日:2010.09.02

日産自動車(株)、(株)日立製作所、オリックス(株)及びオリックス自動車(株)は、4社共同で推進する「放電対応EV(電気自動車)を用いたエネルギーマネジメントシステム」について、2010年8月31日に、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が支援する「蓄電複合システム化技術開発」の採択を受けたと発表した。今回の技術開発は、EVの車載蓄電池から家庭・ビル等に放電して電力を利用するなど、EVの車載蓄電池を、家庭・ビルや地域のエネルギーマネジメントシステム等と連携させることで、再生可能エネルギーの利用率向上を図るとともに、地域一帯のエネルギーマネジメントの実用可能性を検証するもの。同事業は、同年8月11日に横浜市から経済産業省に提出された「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」のマスタープランを実施する関連提案と連携し、横浜市実証グループとして体制を整備して実施される。

情報源 日産自動車(株) ニュースリリース
機関 日産自動車(株)
分野 地球環境
大気環境
キーワード 電気自動車 | 経済産業省 | 日産自動車 | NEDO | 日立製作所 | オリックス自動車 | 蓄電 | エネルギーマネジメントシステム | オリックス | 放電
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS