環境省と(財)地球環境戦略研究機関、アジア・コベネフィット・パートナーシップの設立を発表

発表日:2010.11.15

環境省と(財)地球環境戦略研究機関(IGES)は、平成22年11月9日にシンガポールで開催された「よりよい大気環境2010年会合(BAQ2010)」で「アジア・コベネフィット・パートナーシップ」が創設されたと発表した。同省では、途上国で課題となっている大気汚染対策や水質汚濁対策などの環境汚染対策と温室効果ガス削減を同時に実現するコベネフィット・アプローチを推進している。今回のパートナーシップは、アジアの政府機関、国際機関、研究機関、企業、市民などの参加の下、共同研究等に基づく評価手法の開発や政策立案者等を対象としたキャパシティ・ビルディングの実施を通じて、アジア諸国の環境政策・開発計画などにおいて、コベネフィット・アプローチを主流化し、コベネフィット型事業(途上国が取り組む気候変動緩和行動(NAMA)への貢献を含む)の普及を図ることを目的とする。同パートナーシップでは、IGESが事務局となり、活動を積極的に支援していくとともに、アジア政府機関、国際機関(アジア開発銀行、国連環境計画等)、及び関連セクター機関からなるアドバイザリー・グループが設置される。

情報源 環境省 報道発表資料
(財)地球環境戦略研究機関 プレスリリース
機関 環境省 (財)地球環境戦略研究機関
分野 地球環境
大気環境
水・土壌環境
キーワード 環境省 | シンガポール | 温室効果ガス | パートナーシップ | アジア | 地球環境戦略研究機関 | コベネフィット | 環境汚染 | 発展途上国 | IGES
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS