バイオエナジー(株)と東京ガス(株)、食品残さ由来バイオガスの都市ガス導管への注入・受入を開始

発表日:2011.01.25

バイオエナジー(株)と東京ガス(株)は、食品残さ由来バイオガスの都市ガス導管への注入・受入を開始したと発表した。両者は、2009年10月に、2010年度から2019年度の10年間、食品残さ由来のバイオガス(メタン60%、CO2等 40%)からメタンガスを精製し、都市ガスと同等の成分、熱量に調整し、付臭の上、都市ガス導管への注入・受入を行う基本契約を締結。今回、日本最大の食品残さメタン発酵処理プラントであるバイオエナジー城南島食品リサイクル施設(東京都大田区)に、バイオガス精製装置、熱量調整、付臭などを行う設備を設置し、都市ガスと同等の品質のバイオガス精製を確認できたため、都市ガス導管への注入・受入を開始する。同事業におけるバイオガスの都市ガス導管へのガス受入量は約80万m3N/年で、一般家庭約2,000件が年間に使用するガス量に相当し、期待されるCO2削減量は約1,360トン/年という。なお、同事業は、経済産業省の採択事業者である(社)都市ガス振興センターが公募していた「バイオガス 都市ガス導管注入実証事業」にバイオエナジーが申請し、採択されたことに伴うものである。

情報源 東京ガス(株) プレスリリース
バイオエナジー(株) ニュース
(株)市川環境エンジニアリング ニュース
機関 東京ガス(株) バイオエナジー(株) (株)市川環境エンジニアリング
分野 地球環境
キーワード CO2 | 経済産業省 | バイオマス | 東京ガス | 都市ガス | バイオガス | メタン | 食品残渣 | バイオエナジー | 市川環境エンジニアリング
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS