大阪府、高速道路で蓄電池を電源とする急速充電システムの実証調査を開始

発表日:2011.03.07

大阪府は、名神高速道路吹田サービスエリア(上り)に、蓄電池を電源とする急速充電システムを整備し、2011年3月8日より実証調査を開始すると発表した。同府では、「大阪EVアクションプログラム」に基づき、電気自動車(EV)の利便性を高めてその普及を図るため、一般道等への急速充電器の整備等を進めている。今回、同府は、NEXCO西日本、ニチコン(株)及び日本ユニシス(株)とともに、蓄電池を電源とする充電システムを全国の高速道路で初めて整備し、実証調査を行う。同システムは、同府が現在推進中の充電予約・認証システム(おおさか充電インフラネットワーク)と太陽光発電を併設しており、利用者は充電システムの事前予約も可能という。同府は今後、大阪府内だけでなく、広域的なEVの移動に対応し、EVユーザーの利便性を高めていくとしている。

情報源 大阪府 報道発表資料(PDF)
西日本高速道路(株) お知らせ
ニチコン(株) ニュースリリース
日本ユニシス(株) ニュースリリース
大阪府 大阪EVアクションプログラム
機関 大阪府 西日本高速道路(株) ニチコン(株) 日本ユニシス(株)
分野 地球環境
キーワード 電気自動車 | 大阪府 | EV | 蓄電池 | 急速充電器 | 日本ユニシス | 高速道路 | NEXCO西日本 | ニチコン | 大阪EVアクションプログラム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS