欧州化学物質庁、消費者向け製品への新たな有害物質検査を計画

発表日:2020.07.01

欧州化学物質庁(ECHA)は、消費者向け製品が「化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則(REACH)」で選定された有害物質規制に準拠しているか、また「残留性有機汚染物質(POPs)」規制の下で定義された難分解性有機汚染物質の存在に関する規制に準拠しているかについて2022年から検査することを決定した。これらの検査対象となる物質は2021年に決定される予定で、例えばフタル酸エステル類やペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)などが含まれる可能性がある。REACHとPOPs規制の下で、ゴム、プラスチック、繊維など特定の種類の材料が検査され、各製品に複数のREACHやPOPs要求事項が適用されて、管理範囲が広がるため、EU市民と環境の保護が強化されることになる。

新着情報メール配信サービス
RSS