外務省、モルドバに対する環境・気候変動対策無償資金協力「バイオマス燃料有効活用計画」に関する書簡を交換

発表日:2013.06.27

外務省は、平成25年6月26日、モルドバ共和国の首都キシニョフにおいて、同国に対する環境・気候変動対策無償資金協力「バイオマス燃料有効活用計画」に関する書簡の交換が行われたと発表した。今回の協力は、同国において、藁、麦や果樹の枝の切りくず等のバイオマスから燃焼効率の高い燃料(ペレット)を製造するシステムを導入し、そのペレット専用のボイラーを教育施設等に整備するもの。同協力により、公共施設の暖房設備が整備され、各施設の燃料費が削減されるほか、モルドバの二酸化炭素の排出量も削減されることが期待される。さらに、ペレットが代替燃料として普及することにより、モルドバのエネルギー安全保障が向上することも期待される。なお、同案件は、2013年以降の気候変動対策に関する途上国支援の一環として実施するもの。同省では、すべての国による公平かつ実効性のある国際枠組みの構築に向け、モルドバと引き続き気候変動分野で連携していくという。

情報源 外務省 プレスリリース
機関 外務省
分野 地球環境
キーワード バイオマス燃料 | 二酸化炭素 | 気候変動 | バイオマス | ボイラー | 外務省 | ペレット | 無償資金協力 | モルドバ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS