環境省、「化学物質の内分泌かく乱作用に関する今後の対応-EXTEND2016-」を公表

発表日:2016.06.24

環境省は、「化学物質の内分泌かく乱作用に関する今後の対応-EXTEND2016-」を公表した。同省では、化学物質の内分泌かく乱作用が人の健康や野生生物に及ぼす影響について、平成10年より取組を行っている。現在は、平成22年7月に策定した「化学物質の内分泌かく乱作用に関する今後の対応-EXTEND2010-」に基づいて、生態への影響に関する試験法の開発、評価の枠組みの確立、作用・影響評価の実施に重点を置いて取組を進めている。今回とりまとめられたEXTEND2016は、EXTEND2010における取組の成果と課題を踏まえ、1)作用・影響の評価及び試験法の開発、2)環境中濃度の実態把握及びばく露の評価、3)リスク評価及びリスク管理、4)化学物質の内分泌かく乱作用に関する知見収集、5)国際協力及び情報発信の推進、が具体的方針として掲げられた。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 健康・化学物質
キーワード 化学物質 | 環境省 | 野生生物 | 内分泌かく乱 | 曝露 | リスク評価 | 影響評価 | EXTEND
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS