横浜市と日産、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結

発表日:2020.01.14

横浜市、日産自動車(株)、神奈川日産自動車(株)及び日産プリンス神奈川販売(株)は、令和2年1月14日、「災害時における電気自動車からの電力供給の協力に関する協定」を締結したと発表した。今回、電気自動車(EV)を非常用電源として活用する取組にお互いが賛同し、災害対策を中心とした具体的な連携協定を締結した。同協定は、EVの蓄電機能を活用することで災害対策を強化し、大規模な災害から市民の生命、身体及び財産を守ることを目的とするもの。主な協定内容は、1)災害時にEVを各区役所へ貸与、2)災害時に急速充電スタンドの使用、3)帰宅困難者へEVを活用した電力供給、となっている。

情報源 横浜市 新着情報
機関 横浜市 日産自動車(株) 神奈川日産自動車(株) 日産プリンス神奈川販売(株)
分野 地球環境
キーワード 電気自動車 | 日産自動車 | EV | 横浜市 | 災害対策 | 非常用電源 | 連携協定 | 締結 | 災害時における電気自動車からの電力供給の協力に関する協定 | 蓄電機能
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS