山梨県北杜市と三峰川電力(株)、小水力発電共同導入事業を開始

発表日:2011.06.08

山梨県北杜市と丸紅(株)子会社の三峰川電力(株)は、小水力発電共同導入事業として、同市内にある村山六ヶ村堰用水路の3ヶ所に、小水力発電所(出力合計650kW)を建設すると発表した。同事業は、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会が公募した「地域新エネルギー等導入促進事業」の社会システム枠の共同採択を受け、両者がパートナーシップにより進めていくもの。低炭素社会への転換に向けて、再生可能エネルギーで、かつ発電過程でCO2を排出しない小水力発電の普及・導入を進めることで、地球温暖化問題及びエネルギー問題の解決に貢献するという。今回、建設する3発電所から得られる年間発電量の合計は、約4,600MWhを見込んでおり、北杜市世帯の約6%(約1,300戸)の年間電力消費量に相当する。また、これによるCO2削減効果は、年間約1,932tの見込みという。なお、同一の用水路に複数の発電所を整備する事業は、全国でも数少ない例であり、今後の小水力発電の導入促進に向けたモデルケースとして期待できるという。

情報源 丸紅(株) ニュースリリース
山梨県北杜市 報道発表
山梨県北杜市 三峰川電力(株)との官民パートナーシップによる小水力発電導入事業について
機関 山梨県北杜市 三峰川電力(株) 丸紅(株)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | CO2 | 低炭素社会 | 丸紅 | 小水力発電 | 新エネルギー導入促進協議会 | 山梨県 | 北杜市 | 三峰川電力 | 用水路
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS