(株)富士経済、EV・HVなど自動車向けプラスチック市場を調査

発表日:2012.03.14

(株)富士経済は、自動車向けに使用されるプラスチック市場、特に市場拡大が期待される電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)に使用されるプラスチック市場の市場を調査し、報告書「2012 EV・HV用プラスチック市場の現状と将来展望」にまとめた。同報告書によると、2016年の自動車向けプラスチック市場は、新興国での自動車の生産拡大に加え、金属部品からプラスチックへの代替による車体軽量化と燃費向上が進むことから、2011年比22.3%増の1049.6万トンに拡大すると予測されるという。中でも、炭素繊維とプラスチックを混合した複合材料である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は、鉄やアルミなどの金属素材よりも低密度ながら強度が高く、軽いという特徴があり、2016年には、2011年比5.6倍の11,250トンになると予測されるという。また、EV/HV向け市場は、EV/HVの販売台数拡大だけでなく、EV/HV特有の部品(モーター、バッテリー、インバーターなど)での用途開拓や、電装部品向け耐熱プラスチック(PPSなど)の需要増加により、2011年比5.8倍の87.8万トンに拡大すると予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS