アメリカ環境保護庁、トリクロロエチレンの最終リスク評価を公表

発表日:2014.06.25

アメリカ環境保護庁(EPA)は、トリクロロエチレン(TCE)の健康リスクに関する最終評価を公表した。評価では、消費者がスプレー式脱脂洗浄剤および定着剤を使用する場合、TCE曝露による健康リスクがあること、小規模店舗で脱脂洗浄剤として使用する際、およびドライクリーニングでしみ抜き剤として使用する際に、従業員への健康リスクがあることを特定した。これは健康や環境に対する化学物質の潜在的なリスクを評価する有害物質規制法(TSCA)の作業計画の一環として行われたもので、利用できる最良の情報に基づきリスク評価案を作成し、パブリックコメントや独立した科学的な査読を通じ市民や専門家の意見を検討して、最終決定したもの。TCEは、同作業計画でのリスク評価が完了した初の化学物質となった。EPAは、TCEを含む製品を使用するときは、屋外や風通しの良い場所での使用や保護具の装着など曝露を軽減するための予防策をとるよう勧告している。TCEを含む脱脂洗浄剤の代替品やリスク軽減方法に関するワークショップも開催する。

情報源 アメリカ環境保護庁(EPA) プレスリリース
国・地域 アメリカ
機関 アメリカ環境保護庁(EPA)
分野 健康・化学物質
キーワード 化学物質 | トリクロロエチレン | アメリカ環境保護庁 | EPA | 健康リスク | リスク評価 | TCE
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS