政府、「化審法施行令の一部を改正する政令」を閣議決定

発表日:2016.02.26

環境省、経済産業省及び厚生労働省は、「化学物質審査規制法(化審法)施行令の一部を改正する政令」が、平成28年2月26日に閣議決定されたと発表した。今回の改正では、製造・輸入を原則禁止する第一種特定化学物質として、1)塩素数が2であるポリ塩化ナフタレン、2)ペンタクロロフェノール又はその塩若しくはエステル、の2物質を追加指定した。また、この2物質が使用されている場合に輸入することができない製品として、1)では潤滑油及び切削油、木材用の防腐剤・防虫剤・かび防止剤、塗料(防腐用、防虫用又はかび防止用のものに限る。)、2)では木材用の防腐剤・防虫剤・かび防止剤、防腐木材・防虫木材・かび防止木材、 防腐合板・防虫合板・かび防止合板、にかわ、を指定した。公布日は平成28年3月2日、施行日は第一種特定化学物質の指定が同年4月1日、製品の指定が同年10月1日の予定となっている。

情報源 環境省 報道発表資料
経済産業省 ニュースリリース
厚生労働省 報道発表資料
機関 環境省 経済産業省 厚生労働省
分野 健康・化学物質
キーワード 化学物質 | 環境省 | 経済産業省 | 厚生労働省 | 化学物質審査規制法 | 製品 | 政令 | ペンタクロロフェノール | ポリ塩化ナフタレン | エステル
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS