日本気象協会など、パーソナルな熱中症危険度の診断ができるウェブサイトを開設

発表日:2017.04.25

(一財)日本気象協会は、名古屋工業大学と東北大学と共同で研究した熱中症リスクを評価する技術を応用し、個人ごとの熱中症の危険度を簡易的に診断する「熱中症セルフチェック」を開発し、2017年4月25日から提供を開始すると発表した。3者は、2015年に「個人に応じた熱中症対策を提案する、新たな情報」の共同研究を行い、気象条件が同じであっても、年齢や性別などの違いによって熱中症の危険性が異なることを明らかとした。今回開設したサイトは、年代(4区分)、活動レベル(4種)、現在地の情報(屋外・屋内、気温・湿度)を入力すると、その環境に1時間いた場合の熱中症危険度(4段階)や水分補給の目安などが表示される仕組みとなっている。

新着情報メール配信サービス
RSS