健康・化学物質

分類 技術名
化学物質管理
グリーンケミストリー
グリーンケミストリーとは、化学物質のライフサイクル(原料の選択から、製造および使用・廃棄までの過程)全体において、人体および環境への環境負荷を低減しようとするコンセプトと、そのための技術の総称である。
化学物質管理
EUで2007年6月1日に発効されるREACH(リーチ)は、EUの新しい統一的な化学物質規制で、日本企業においても対応が不可欠となっています。制定の経緯とあわせて、その概要を整理します。
有害物質対策技術
アスベスト対策技術
アスベストが使われた建築物の老朽化が進み、建て替えや改修の時期を迎えているなかで、安全かつ早期に処理することが求められています。今回は、主に建築物に使われているアスベストの除去技術について紹介します。
PCB処理技術
PCB処理技術とは、PCB(ポリ塩化ビフェニル)及びそれを用いた機器・廃棄物等を、安全に分解・処理する技術のことである。
POPs処理技術
POPs農薬の適正処理については、無害化処理技術の発展など、実施に向けた環境が整いつつあります。POPs農薬を無害化処理する技術の最新動向について、背景や経緯をまじえて解説します。
分析・モニタリング・評価技術
環境分析技術
環境分析技術とは、大気、水質、土壌・地下水、廃棄物などの環境中の試料を分析するための技術である。様々な環境問題の現状を把握し、今後の対策を考えるためには、大気、水、土壌・地下水、廃棄物などの環境の状況を正確に測定・分析することが必要である。
バイオアッセイ
私たちの身の周りには数多くの化学物質が存在しますが、一部には人の健康や生態系に望ましくない影響を及ぼす性質を持つ物質もあります。バイオアッセイは、微生物や実験動物などを利用して化学物質が及ぼす影響を調べる方法です。
環境試料保存
環境問題が起きてしまうと、問題が起きる前の状況や問題が進行する過程を把握することは困難です。環境試料を保存しておくことで、過去の環境の再現や問題のメカニズムの研究など様々な研究への利用を可能にします。
環境ナノテクノロジー
ナノテクノロジーに環境の視点でアプローチする「環境ナノテクノロジー」。いまこの分野で注目されている、さまざまな研究動向をまとめました。